心のエモーションを奪い返しまして。そうして、昼過ぎから

心の情緒を奪い返しまして、そして、昼過ぎからの働きを面白く書きたいだ。
昼過ぎからは、まるで、好きな書籍をカバンの中から差し出しまして、丁寧に読みました。確かに、文芸のコンテストで、相当入賞をしないと、いらいらとしてしまう。入賞すればいいと、クラスは、どれでもよくなりまして、ムービー、画、手芸のコンテストまで、読んでしまうことがありました。このような時、決まって、眼の意識が合っていません。ですから、もたつくのです。ですから、ほかの読者において、焦って何でもよいからという応募しましたという文字を読みますという、ずいぶん勇気づけられるのです。
キッズのころは、手芸分隊であったなど、急に思い出しては、手芸のコンテストにチャレンジしようかと、コンテストの項目を大切に保管してしまったことがありました。そうして、今日は、逆鱗が落ち着いていましたので、冷静に、コンテストの項目を整理することができました。
文芸のコンテストで、早く、入賞したくて、他のヤツの受賞作を読んでみました。やっぱ、巧妙だ。引き込まれてしまいました。そうして、私の信書なら入賞止めるなぁという、頷いてしまいました。私も、さぞかし、おんなじコンテストに応募していたことを、微かに思い出してしまいました。http://www.balletlloret.com/

今回の、PMSは、とりわけヒドイ。家庭を、追い出し状態です!

奥様の、仇敵、PMS。。今月の私の、PMSは、目茶苦茶酷いと、おもう。思うと言うのは今現在、自分が冷静でないからそれほどわかっていないのだけど。。。。これがPMSの、わずらわしいサロン。朝から、男って、けんか(それでも何が事由だったか必ずやとても覚えていない)気が付けば、ダディーは、どこかに逃亡中だ。やっちゃったムードのぼくだ。

例年PMSは、酷くなる感じがしている。つらいみたい。ひと月決まって行き詰まり。PMSがなくて平常心でいられるシーンが、四六時中なら、女性は優しい人が上がるでしょうね。

さて、わたしのダイアログに戻りますが、何年か前に、PMSの期間に、売買の失態を連発して、また、PMS時世に知人も、落ち込みの手掛かりを始める、という手詰まりをもたらしたことがあったので、困り果てて、女房科をめぐって相談したら、ピルを処方箋されたことがあるんです。結局半年ほどでやめてしまいました。やめた理由は効能がわからなかったから。

それにリアクションがあるというお断りなぁなどと思いながら。。。。それでも、その時に、女房科の女医くんから言われた言葉だけは、守っている。

(コーヒーといったチョコレートは控え目にね)生理の前になると、ぼくは無性にコーヒーってチョコレートが食べたくなるのですが、何か関係しているのでしょうかねぇ。。。ジリジリしたり緊張した時もコーヒーというチョコレートって割と仕方が伸び易いので。

けれどもPMSにはコーヒーとチョコは良くないと言うことを聴き、カフェイン答申のコーヒーを買っていま飲んでいる。それでもチョコは。。。。我慢していますが食べたくて仕方がないよー!(笑)ミドリムシと亜鉛は、どっちがいいの?

先祖、父親補佐くんに否決意見を示す

日々お手伝い様に来てもらい、おじいちゃんのひげ剃りやらおむつ替えやらのメンテナンスを通してもらっています。おじいちゃんが近頃、ダディーお手伝い様が来ることに違和感を示すようになりました。

なんでもダディーお手伝い様はゲンコツなどを掴む勢力が手強いのがお断りみたい。おじいちゃんは痩せ型ではあるものの、身長がおっきい結果身体の退職が大変です。そのためケアする側には勢力が必要なのですが、おじいちゃんはどっかを激しくつかまれるといったあざができ易い因習。

ダディーお手伝いは勢力が激しい結果、ベッドで体位を治すのにゲンコツを掴むとあざができることがあります。おじいちゃんも更にかなりの高齢ですし、血管の脆さゆえあざができるのはやむを得ません。

ただしおじいちゃんは「男性は勢力が強すぎるからあざができる。おかあさんだけに済ませろ」と毎日のように言います。身辺来てもらえるお手伝い様には何名か女性もいらっしゃいますが、奥さんお手伝い様はおおかた一大想いをされているでしょうね。

ショートステイでは基本的にダディー介護士様がおじいちゃんに付きっきりでサポートして下さいます。車いすからベッドの退職もダディー介護士様がやってくださるのですが、それに関しても家に帰ってから文句を言います。

おじいちゃんとしては想いがまずいのはお気づきしています。ただし現実的に見れば、おじいちゃんの退職はダディー人材でないと無茶があります。アヤナスBBクリームは、思った以上にカバー力があったよ。

注意していても磨き記しから虫歯になる

保育園に通っている5歳の息子がいらっしゃる。毎晩、歯みがきを一緒にして、そのあと仕上げ磨きをしています。

その夜更けも、常に終わり磨きをしていたら、奥歯に黒っぽい筋を見つけました。「ん?」として歯ブラシでこすっても落ちません。「ひょっとしたらこれは!?」としてじーっくり観察してみると、最も虫歯でした。5歳でやっと虫歯になってしまったという打撃もありましたが、何故かスマホで写メを撮って「初虫歯の思い出です」などと思っている自分が居ました。

虫歯を見つけたのは夜更けだったので、今や歯医者は閉まっている季節だ。仕方なく、翌日保育園から戻ったら、すぐに歯医者に行くことにしました。

息子に「虫歯ができてしまっているから、今日は歯医者に行くよ。」というと、「えっ?痛くないよ、大丈夫だよ。」というちょっとおびえた形相になりました。ピクチャーブックなどで読み聞かせを通していたので、虫歯は削らないといけない事を分かる息子は、何とかして逃れようとしていました。

ですが、このまま差し置くわけにはいかないので、「そうね。女子の見罪かもしれないね。歯医者に聞いてみよう。虫歯じゃなかったら、近くにあるスイーツ屋くんでマカロンを買って帰ろう。」って導きだし、歯医者に連れていく件に成功しました。これから始める黒みの改善法とは?これなら出来るね。

太りたい。筋肉として硬く追い求める!

私の太りたいなんて思っているにくいづらい弟の話です。私の弟は身長175cmほどですが、ウェイトが58隔たりあっていいほうです。特別ガリガリ!ってわけでもないのですが、まあまあの筋肉があって、大抵?だったんですけど、たまに意味のわからない事を始めます。取り敢えず肥える!と言い出したのです。アルバイトが遅くなったり、朝方まで遊んで始終寝っぱなしだったりして、ごはんを食べないことが多い弟は放っておくとサクサク痩せちゃいる!そうして、情熱なんて出ると、万全?というほど寝ます。そうなるとずんずん体重が減るのですが、人類において羨ましい実例なのに、本人はいたたまれないし、仲の良い近辺に取りこぼしたくないと言いだし、肥えるための計画を始めました。ではともかく食する!朝方昼間といった食べて、近辺って無駄にファストフードストアをめぐって無理に食べて晩もたっぷり採り入れる!そうして、アルバイトが終わったミッドナイト2シーン、3時にもラーメンや焼きそばを食べます。そうして、日曜日はクラブで鍛えめくり、見たことない海外の恐い色彩したプロテインを飲みます。見る見るうちにでかくなり、1ヶ月もしないうちに10隔たり増えてムッキムキのガタイの素晴らしいパパになっていました。今は痩せないように採り入れる!に変えたらしく、普段心掛けてる身寄りのママ軍からは羨ましがられている。皮膚の乾燥によって出来てしまった目の下のしわを取る方法とは?

一度の流感を侮らず、充分直す大切さ

自分はがんらい感冒をきちんとひくことが無く、ひいても市販の感冒薬を飲んで一日休めば先活動していても回復するような自分でした。
四年代前文、感冒をひいたので常に感冒薬を買い、就労を休めなかったので薬を呑みながら出社し、オフも薬を呑みながら出かけていました。
但し、感冒は良くならず、いよいよ仕事中に熱が出ました。先病舎に行き薬をもらい、三日間ほど家で薬を呑み休養しましたが良くならず、ただただ肺炎になり入院となりました。
入院上、ボディは良くなりましたが、こういう肺炎を境に自分は感冒をひき易くなり、感冒をひくと各回咳だけが留まる咳喘息になり、今も喘息の診療をしています。
自分はずーっとこちらは健康が著しいお客だと思い込み、感冒なんて大したことはないと思っていましたが、こういう実例を通じて感冒は侮れないものなのだということを知りました。
それからは感冒予防をするようになりました。
自分が今行っている感冒予防は、うがい手洗い、マスク着衣、乳酸菌の補填だ。
自分は周りの人達にも感冒の恐ろしさを伝えていきたいとしてある。諸君も自分と同じようなことにならないように、一回一回の感冒を侮らずに正しく治して出向くことをお勧めします。http://www.timetowerlv.com/

髪の毛に白いものがちょっぴりと

白髪を抜くと増えると言いますが、それってマジなんでしょうか?

テレビジョンでは抜いても重なることはないけど、毛根が傷つくからやめた方が良いって言っていました。

そうは言っても、なんとなくあるからには抜いたほうが速いから抜いちゃうんですよね。

昔から白髪がある人でしたので、母さんが良くワカメの吸物を作ってくれたんです。

そのおかげかずいぶん白髪も減りました。

あれから何十世代も経った此度、また白髪が増えてきたのですが、さすがに世代だからワカメや海藻を食べても治らないだろうなと思っています。

今では上から下までいろんなところが白髪まじりだ。これが年を取るについてなのでしょうね。

できれば先10世代ぐらい待ってほしいところですが、わたしの思いなど放置でちょっとずつ増えているんです。

そう言えば視線が悪いのはテレビジョンや読物の見過ぎが原因というのが一般的な進め方でしたが、酸素手薄が原因でもあるらしいです。

白髪も同じように今まで知られていなかったようなわけが見つからないかな?

白髪を見つけてギョッとした

年を取ると鏡を見分けるのがだんだん不愉快になります。

しわ、素肌のくすみ、髪には白髪が増えてくる。

お化粧をしないわけにもいかないので、我慢して鏡に向かいますがやっぱり不愉快ものは不愉快ですね。

お化粧で素肌のくすみを隠し、美容院で白髪染めをしてもらう。あんな生活。

階級を取らずにすむテクニックがあるという良いのだけど、それは望めないですしね。

それにこの前、髪を乾かしているときに気付いたのが白髪のグループ。

さすがにそれを見たときはギョッとしました。

いくらでも増えているようで、また白髪を染めにいかないといけません。

要素隠し用の白髪染めえんぴつを使えば良いのかもしれませんが、それだけでは足りないほど多く見つかったんです。

美容院も良いからできるだけ数を減らしたいと思っているのだけど、そういったわけにもいかないようです。

艶やかな昔のヘアが思い出深いだ。階級には敗れるのが悔しいですね。

以前はワカメを食べると良いと美しく言っていたけど、どうなのかしらね。