年を取ると鏡を見分けるのがだんだん不愉快になります。

しわ、素肌のくすみ、髪には白髪が増えてくる。

お化粧をしないわけにもいかないので、我慢して鏡に向かいますがやっぱり不愉快ものは不愉快ですね。

お化粧で素肌のくすみを隠し、美容院で白髪染めをしてもらう。あんな生活。

階級を取らずにすむテクニックがあるという良いのだけど、それは望めないですしね。

それにこの前、髪を乾かしているときに気付いたのが白髪のグループ。

さすがにそれを見たときはギョッとしました。

いくらでも増えているようで、また白髪を染めにいかないといけません。

要素隠し用の白髪染めえんぴつを使えば良いのかもしれませんが、それだけでは足りないほど多く見つかったんです。

美容院も良いからできるだけ数を減らしたいと思っているのだけど、そういったわけにもいかないようです。

艶やかな昔のヘアが思い出深いだ。階級には敗れるのが悔しいですね。

以前はワカメを食べると良いと美しく言っていたけど、どうなのかしらね。